目立つ銀歯が気になる・・・【審美歯科】

術前

術後

「以前治療した金属の詰め物や被せ物が取れてしまった……」という方で、「これを機に白い素材に変えたい!」といった方は少なくないでしょう。そんな方には、審美歯科がおすすめです。審美歯科では機能的かつ美しい口元を取り戻す治療を行っています。どうぞ一度ご相談ください。

銀歯のデメリットについて

口を開けると目立ってしまう銀歯。気になって「思い切り笑えない……」そんなお悩みはありませんか? 保険適用の虫歯治療として当たり前のように使われてきた銀歯ですが、せっかく治療しても見た目に美しくないのでは素敵な笑顔も曇ってしまいます。

また、銀歯の問題点は見た目だけではありません。「アトピー性皮膚炎が治らない」「皮膚科に行っても湿疹が治らない」といったように、腐食や摩耗によって金属成分の溶解が起こり、イオン化した金属が体内に取り込まれて、全身に金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。

当クリニックはメタルフリー治療を推奨しています

治療した歯とは一生つき合っていくものです。そのため、当クリニックでは金属アレルギーの心配のないメタルフリー治療をおすすめしています。おもに使用するのは、見た目も美しく、人体にやさしいセラミック。メタルフリー治療に興味のある方は、当クリニックにご相談ください。

当クリニック取り扱いの審美素材について

当クリニックでは、世界で大きなシェアを誇り、日本人に適応しやすいと定評のあるストローマンインプラントを使用しています。

ジルコニア

人工ダイヤモンドともいわれるジルコニア。詰め物・被せ物に使われます。

【メリット】

  • 見た目が天然歯によく似ていて審美性に優れています
  • 金属並みの硬さがあり、強度に優れています
  • 割れにくく、ほとんどの部位に使用可能です
  • 歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーの心配がありません

【デメリット】

  • 歯を削る量が比較的多めになります
  • 修理・調整に時間がかかることがあります
  • クラウン:70,000円~(税抜)
    インレー:55,000円~(税抜)
e-max

二ケイ酸リチウムガラスセラミックを素材としたe-max。詰め物・被せ物に使用します。

【メリット】

  • 高強度でありながら天然歯に近い摩耗性があるので、噛み合わせる力の強い方にも有効です
  • 透明度があり審美性に優れています
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 歯と分子レベルで強固に接着するので、治療部分の虫歯の再発が少なくなります

【デメリット】

  • 色調の表現はジルコニアには劣ります
  • 修理・調整に時間がかかることがあります
  • クラウン:90,000円~(税抜)
    インレー:50,000円~(税抜)
メタルボンド

金属のフレームの表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。

【メリット】

  • 耐久性に優れ、ほとんどの部位に使用可能です

【デメリット】

  • 経年によって歯の根元が黒ずんでしまうことがあります
  • 金属アレルギーを引き起こす心配があります
  • ジルコニアに比べ透明性や色調が劣ります
  • 費用:100,000円~(税抜)
AGC

純金とセラミックを組み合わせた被せ物です。

【メリット】

  • 表面はセラミックですので、審美性に優れています
  • ベースに生体親和性の高い純金を使用しているので、金属アレルギーの心配がほとんどありません
  • 歯の根元が黒ずみません
  • 耐久性に優れ、ほとんどの部位に使用可能です

【デメリット】

  • 比較的高価です
  • 費用:110,000円(税抜)
ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼り付ける治療法です。

【メリット】

  • 軽度の歯並びの乱れ(すきっ歯など)や着色汚れを短期間で改善可能です
  • 生まれつきの変色や小さく欠けた前歯をキレイにできます
  • 変色しにくく、色合いが自然です

【デメリット】

  • 前歯にしか適応しません
  • 前歯を薄く削らなければなりません
  • 費用:60,000円~(税抜)
グラディアダイレクト

白い詰め物であるCR(歯科用プラスチック)の一種で、セラミックフィラーを配合することで強度加えています。

【メリット】

  • 金属やセラミックの被せ物のように大きく削らずに済みます
  • CRの欠点である耐久性や強度不足を克服しています
  • 適応範囲が広く奥歯でも使用可能です

【デメリット】

  • 虫歯が大きく被せ物が必要な場合は適応しません
  • 費用:一歯 25,000円~(税抜)
  • ページの上部に戻る

審美歯科には土台が重要です

被せ物を装着する際、必要になるのが土台(コア)です。被せ物がいくらキレイでも、土台がしっかりしていなければ、せっかく治療した歯を長持ちさせることはできません。従来は金属でつくることが多かったコアですが、歯根が割れてしまう、被せ物の審美性を損ねるといったデメリットがありました。そこで登場したのが、グラスファイバーで補強した歯科用プラスチック(レジン)を素材とした「ファイバーコア」です。当クリニックでは、自然な仕上がりを希望されている方にはファイバーコアをおすすめしています。

【メリット】

  • 天然歯に近い硬さや弾性を持つため、歯が割れるリスクが低いです
  • 強度や耐久性があります
  • 光の透過性があるので自然で美しい仕上がりになります
  • 金属アレルギーの心配がありません
  • 再治療が必要になった場合も除去が容易です

【デメリット】

  • 保険適用外ですので、比較的高価です
  • 費用:15,000円(税抜)
  • ページの上部に戻る

歯の黄ばみ、汚れを落としたい【ホワイトニング】

「歯が黄色い」と歯の色でお悩みではありませんか? 「白い歯にはあこがれるけど、歯を削るのには抵抗が……」そんな方はホワイトニングがおすすめです。

ホワイトニングとは、歯を削らずに、薬剤で歯を白くする処置。色の濃い食べ物や飲み物による色素沈着やタバコのヤニ、加齢による歯の黄ばみを漂白します。本来の歯の色よりも白くすることも可能です。ホワイトニングの方法は3種類。あなたに合ったホワイトニング法をお選びください。

オフィスホワイトニング

歯科医院で行うホワイトニングです。濃度の高い薬剤を歯に塗り、特殊な光を当てて歯を白くします。即効性があり1回の処置でもある程度の効果が得られるため、結婚式や面接など大切なイベントに向けてお急ぎの方におすすめです。ただ、1回の処置では再着色しやすいので、1週間から10日おきに2~4回行っていきます。

【オフィスホワイトニングの費用】

全顎(ぜんがく) 50,000円(税抜)
片側(へんそく)  40,000円(税抜)

ホームホワイトニング

【ホームホワイトニングの費用】

全顎(ぜんがく) 40,000円(税抜)
片側(へんそく)  25,000円(税抜)

ご自分の都合のよい時間にご自宅で行うホワイトニングです。歯科医院で作製したホワイトニングトレーに薬剤を入れ、一定時間お口に装着して歯を白くします。オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使いますので、即効性がなく白さを実感するまでに通常2週間程度はかかりますが、歯への刺激が弱く、色の後戻りが少ない点がメリットです。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。両方の欠点を補い、確実かつクオリティの高い白さを得ることができます。短期間で効果を実感できるうえ、色の後戻りも少なくなります。

【デュアルホワイトニングの費用】

デュアルホワイトニング 50,000円(税抜)

歯の詰め物が取れてしまった、歯を白くしたい方はお気軽にご相談ください

  • ページの上部に戻る