歯を失ったときはすぐにご相談ください

虫歯や歯周病、外傷などで歯を失うことがあります。歯が抜けてしまったまま放置しておくと、見た目に悪いだけでなく、食事したり話したりするのに不便です。それだけではありません。隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合っていた向かいの歯が伸びてきたりして、歯並びや噛み合わせに悪影響を及ぼし、全体のバランスを崩してしまうこともあるのです。

残っている他の歯に悪影響を与えないよう、歯を失ってしまったときは先延ばしにせず、なるべく早く当クリニックにご相談ください。

歯が抜けたときの選択肢について

歯を失ってしまったときの治療には、インプラント入れ歯ブリッジの3つの方法があります。当クリニックでは、患者様一人ひとりの症状やご要望に合わせた治療法をご提案していますので、お気軽にご相談ください。

インプラント
インプラント

生体親和性が高いチタン製の人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込み、それを支台にして人工歯を被せる治療法です。

【メリット】

  • 硬い物でもしっかり噛め、異物感が少ない
  • まわりの歯に負担をかけない
  • 1歯欠損から全歯欠損まで対応可能
  • 見た目が自然

【デメリット】

  • 外科手術が必要
  • 糖尿病など全身疾患がある場合などには適応できない
  • 治療期間が長い
  • 保険適用外で治療費が比較的高額
入れ歯
入れ歯

入れ歯(義歯)にはさまざまな種類があり、失った歯の本数や部位に合わせて部分入れ歯か総入れ歯を選択します。

【メリット】

  • 一般的な方法で、多くの歯科医院で治療可能
  • 限定素材を使用することで健康保険が適用できる
  • 治療期間が比較的短い
  • 外科手術は不要

【デメリット】

  • 床(粘膜を覆う部分)が大きく、装着時に違和感がある
  • 発音が阻害されやすく、味覚や食感が損なわれることがある
  • 見た目があまりよくない
ブリッジ
ブリッジ

抜けてしまった歯の両隣に残っている歯を削って支台とし、そこに連なった人工歯を被せる治療法です。

【メリット】

  • 固定式のため違和感が少なく、噛み心地も悪くない
  • 健康保険が適用(使用素材に制限あり)
  • 保険適用外の素材を使うと、治療費は高価になるが、より自然な見た目の追求が可能

【デメリット】

  • 支台となる隣の歯を削らなければならず、大きな負担がかかってしまう
  • 保険適応のブリッジの場合、金属アレルギーの心配がある
  • 多数の歯が欠損している場合は適応できない
  • PAGE TOP

当クリニックのインプラント治療について

当クリニックでは、世界で大きなシェアを誇り、日本人に適応しやすいと定評のあるストローマンインプラントを使用しています。

抜歯即時埋入・即時荷重法

従来のインプラント治療では、抜歯後3~6ヶ月の治癒期間を置いてからインプラントを埋入していました。抜歯即時埋入法では、抜歯と同時にインプラントを埋め込むため、治療期間を大幅に短縮できます。また、切開が不要ですので、歯肉へのダメージが少なく済むのが特長です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、インプラントを支えにして固定する入れ歯です。粘膜とバネで支える通常の入れ歯と異なり、インプラントオーバーデンチャーの場合は支持性が高まり、しっかり噛めるのが利点です。総入れ歯から部分入れ歯まで、適応範囲が広いのも特長です。

フラップレス手術

通常のインプラント手術では、メスで歯肉を切開し、骨を露出させてからドリルで穴を開けインプラントを埋入します。フラップレス手術ではメスを使わず、小さな穴を開けてインプラントを埋入。そのため歯肉へのダメージは10分の1程度に抑えられ、術後の腫れや痛みが少なくなります。医師の高度な技術が要求される手術法です。

ソケットリフト

上顎の奥歯(臼歯)部分の上には、「上顎洞」と呼ばれる空洞があります。この部分の骨の厚みが不足している場合、上顎洞を覆う膜を持ち上げ、骨補填剤(こつほてんざい)などを注入。そして、それと同時にインプラントを埋め込みます。この方法を「ソケットリフト」といいます。

GBR法

インプラント治療の際、骨の高さや厚みが不足している場合に用いる治療法です。まず、顎の骨の不足部分に粉砕した自家骨(自分の骨の一部)もしくは骨補填剤を置き、その上に「メンブレン」という人工膜を入れて骨の再生を促進させます。増やす骨の量がさほど多くないときは、インプラントの埋入手術と同時に行います。

【術後の腫れや痛みを軽減するために】

歯周組織再生療法の1つにPRP(多血小板血漿:たけっしょうばんけっしょう)の使用があります。PRPは、血液を遠心分離機にかけて血小板を多く含んだ血漿を取り出したもので、インプラント手術後、PRPを用いることで術後の回復を早め、腫れや痛みを軽減させることができます。

【インプラントの費用】

インプラント費用 200,000円~(税抜)
かぶせ物 115,000円~(税抜)
GBR 50,000円~(税抜)
  • ページの上部に戻る

当クリニックの義歯(入れ歯)治療について

入れ歯の技術も進化し、最近では「噛める入れ歯」もたくさん出てきています。当クリニックでは、一人ひとりのお口に合った入れ歯をおつくりしていますので、入れ歯でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

ノンクラスプデンチャー

歯ぐきを覆う部分に弾力性のあるナイロン樹脂を使用した、バネ(クラスプ)のない自費診療の部分入れ歯です。

  • 曲げても大丈夫です
  • バネがないので目立ちません
  • まわりの歯に負担をかけることがありません
  • フィット感にも審美性にも優れています
  • 金属アレルギーの心配が不要です
  • 部位によっては使用できないこともあります

  • 費用:100,000円~(税抜)
マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で吸着させる自費診療の入れ歯です。

  • 強力な磁力で固定されるため、硬い物でもしっかり噛めます
  • 取り外しができるため、お手入れがしやすく清潔に保つことが可能です
  • バネを使用しないため、より自然な見た目になります
  • 磁石を埋め込む歯は神経を取った歯にかぎられます
  • 金属アレルギーの心配があるのがデメリットです

  • 費用:一対 100,000円(税抜)
シリコンデンチャー

床の部分を弾力性のある生体用シリコンで覆った、自費診療の入れ歯です。

  • フィット感に優れ、吸着性や密閉性があります
  • 入れ歯と歯ぐきの間に物が挟まることによる痛みを軽減できます
  • 噛んだときの負荷が緩和されるので、硬い物もしっかり噛みしめることが可能です

  • 費用:100,000円(税抜)
金属床義歯(チタン合金・白金加金合金・コバルトクロム合金)

床部分を金属でつくる自費診療の入れ歯です。使用する金属によって付け心地や費用が違います。

  • 床の部分を薄くつくれるので違和感が少ないです
  • 食べ物の温度も伝わりやすく、飲食を楽しむことができます
  • 耐久性があり丈夫です
  • コバルトクロム合金の場合は金属アレルギーの心配があります

  • 費用:300,000円(税抜)
  • ページの上部に戻る

当クリニックのブリッジ治療について

抜けた歯が1~2本で、その左右に健全な歯がある場合は、その歯を支台にし、橋を渡すように人工歯を被せ、噛む機能を取り戻すのがブリッジです。奥歯で、白い歯にする必要がない場合には保険が適応できますので、比較的安く、そして早く治療が済みます。

しかし、デメリットとして「健康な歯を削らなければならない」ことがあります。支台の歯にはその後も負担がかかるため、その歯の寿命を短くしてしまうことにもつながるのです。

当クリニックでは、さまざまな治療法の中から一人ひとりの患者様に適した治療をご提案しますので、まずはどうぞお気軽にご相談ください。

歯を失ってしまったら、すぐにご相談ください

  • ページの上部に戻る